高品質の人工芝・スポーツ施設、競技設備ならお任せください

サイトマップ

プライバシーポリシー

よくあるご質問

BUSINESS事業

  1. ホーム
  2. 事業
  3. 屋上緑化事業

屋上緑化事業BUSINESS 04

常識を覆した屋上緑化剤

MOSSOL

[モッソル]

屋上や壁面緑化をマルソルが革新![MOSSOL モッソル]が、これまでの常識を覆しました!!

不織布と不織布でサンドされたコケは、曲面もカットも自由自在!!
どんなシーンにも柔軟に対応可能です!!

MOSSOL(モッソル)施工例

  • オフィスビル
    オフィスビル
  • 緑化シェルター
    緑化シェルター
  • 壁面緑化
    壁面緑化
  • 商業施設
    商業施設
  • 個人宅
    個人宅
  • 工場
    工場

MOSSOL(モッソル)による屋上、壁面緑化の改善

これまでの緑化課題 マルソルならこのとおり
解決できます!
屋上や壁面に対しての加重問題 土を使わず、乾燥時はわずか2kg/㎡(湿潤時7kg/㎡)
屋上面に対して植物の根が侵食する問題 コケに根は無く、従って床面に侵食する恐れがない
強風下での飛散、剥がれの問題 サンドイッチ工法(特許)と特殊弾力接着で風速70mに使用
インフラやランニングコストが高価 メンテナンスフリーにより、散水設備不要
一平米あたり4~5万円と施工自体も高価 工法を簡易にすることで、労務費を大幅に軽減できる
壁面への固定に別途設備を設ける必要あり 湿潤時の7kg加重に耐える構造なら壁面や天井にも設置可能
曲面や異形箇所の施工が難しい 球体にでも施工は可能(※少々割高になります)

MOSSOL(モッソル)について

微気象緩和効果

モッソルで緑化することにより、微気象緩和効果が期待できる。

  • ①昼間の表面温度→モッソルで緑化することにより、表面温度が最大7~12℃低下する。
  • ②夜間の表面温度→モッソルは冷却面として機能し、夜間の外気温を低減する効果がある。
  • ③鉛直方向反射熱量→モッソルにより輻射熱の軽減効果がある。
  • ④鉛直方向温度→モッソルにより鉛直方向の温度軽減効果がある。
断熱効果

モッソルで緑化することにより、断熱効果が期待できる。

  • ①スラブ表面との比較→モッソルの裏面の温度がスラブ面と比べ最大15℃低下する。
  • ②セダム・土との比較→セダムの断熱効果はそのほとんどが培土の効果である。
  • ③金属屋根での比較→積載荷重が考慮されていない金属折半屋根にもモッソルにより緑化が可能。
  • ④金属屋根(スケールアップ)での比較→積載荷重が考慮されていない金属折半屋根にもモッソルにより緑化が可能。
温暖化軽減効果

モッソルで緑化することにより、大気中のCO2が固定され地球温暖化低減に貢献する。

  • ①コケの光合成確認→緑色植物であるコケ植物も当然光合成を行う。
  • ②種々条件下の一例→緑色植物であるコケ植物も当然、光合成を行う。
  • ③年間の炭素固定量→コケは年間㎡あたり、約80gの炭素を固定する。
雨水流水緩和効果

モッソルで緑化することにより、雨水流出の始まりを遅らせる効果がある。

  • ①モッソルは設置直後7~12kg/㎡、設置1年後12~17kg/㎡の雨水を保水する能力がある。
  • ②モッソルは2300円/㎡分の貯水効果がある。
基材と下地接着強度

接着剤にモスグルーを使用した場合、コンクリート、塩ビシートに対する接着強度は3.8KN/㎡以上を示す。
接着剤にコニシ(株)エフレックスを使用した場合、接着強度は3.1KN/㎡以上を示す。

  • ①建築物高さ50m、吹上力2.0kN/㎡相当の接着強度を有する。

FAQよくあるご質問

Q.サンプルは送ってもらえますか?
A.大丈夫です。お送りいたします。
カットサンプルは宅配便でお送りいたしますので、送付先をご連絡頂く際、必ず電話番号もお知らせくださいますようお願いいたします。
Q.人工芝のつなぎ目は剥がれないですか?
A.つなぎ目は特殊ジョイントテープ(30cm)強力接着剤で貼り合わせていますので剥がれることなどは基本的にはありませんが、
万が一のそのようなことが発生しましても直ぐに補修にまいります。
Q.グランド一面を人工芝にするにはどのくらいの工期が必要ですか?
A.例えばグランド1面を5000㎡と仮定しまして、人工芝の敷設工事のみで、約1ヶ月程度の工期が必要です。フットサルグランド1面700㎡程度でしたら、約1週間程度の工期になります。
Q.人工芝に滑り込んで火傷はしませんか?
A.激しくスライディングした場合でも、従来の人工芝のように火傷を起こすようなことはありません。それは、柔らかで復元力の高いポリエチレンのパイルを使用しているので、ナイロンやポリプロピレン製に比べて、摩擦時の温度上昇が低いからです。 また、クッション性の高い充填材を採用しているため、それがコロの作用を起こし、人工芝と皮膚の摩擦を軽減するからです。

PRIVACY POLICY個人情報保護法

弊社は、個人情報の重要性を認識し、以下の取り組みを実施いたしております。

個人情報のお取り扱いについて

COMPANY INFORMATION会社概要

会社情報

商号 マルソル株式会社
所在地 【本社】〒545-0031 大阪市阿倍野区橋本町3-8
【大阪支店】〒530-0041 大阪市北区天神橋3丁目1-39 タイガービル5F
【東京支店】〒105-0012 東京都港区浜松町1-28-14 マルソルビル2F
代表番号 03-6435-9492
設立 2002年5月17日
資本金 4,000万円
売上高 9億円(平成27年度)
役員 代表取締役 酒井 督博
取締役 酒井 宏
取締役 岡田 雅彦
取締役 酒井 久和
監査役 橋本 泰郎
事業内容 フィールド事業
スポーツ施設総合プロデュース(企画・提案・設計・施工・管理)

施設設備事業
建築物・観覧席・外構・プール施設・舗装・造成・水道・塗装・解体

建築・リフォーム事業
店舗改装・新設、オフィス・ビル・マンションなどの修繕、リフォーム一式

不動産事業
不動産売買・仲介・管理
建設業許可 大臣 特定 第25334号 土木・建築一式ほか
一級建築士事務所 知事(ロ)第23310号
宅建業許可 知事(1)第54587号 
主要取引先 <学校法人>
大阪大学
京都大学
国立学園
成蹊学園
天理大学
同志社
奈良学園
立命館

<施設運営企業>
OGスポーツ
近鉄ビルサービス

<ゼネコン>
奥村組
戸田建設
日本道路
吉村建設工業
※アイウエオ順

沿革

2002年05月 建設業マルソル有限会社を設立
2005年02月 マルソルを株式会社に社名変更
2005年11月 本店を大阪市阿倍野区橋本町に移転
2005年11月 資本金を4千万に増資・特定建設業許可を取得
2007年08月 大阪市北区天神橋に大阪支店を開設
2009年05月 宅地建物取引業免許を取得
2009年08月 東京都港区に東京支店を設置
2010年08月 一級建築士事務所を開設